3DCG⇔3DCAD

弊社では、3DCGのメインツールにMODOを使用しております。

MODOで作成したデザインデータを、3DCADの各種形式「IGES (.igs と .iges)、STEP (.stp と .step)、SAT (ACIS)、Rhino (.3dm)」への書き出しが可能となっております。

下の図は、MODOで作成した遊技機の筐体をCADデータで出力し、Autodesk社の3DCAD Fusion360にてデータ確認を行ったものです。

デザインから設計までワークフローを、スムーズにするご提案をさせて頂いております。


3DCGソフトはMODOを使用。CADソフトのAutodesk社のFusion360を利用しての描画の確認。

3DCADで作成したデータをMODOに取り込みフォトリアルなレンダリングを可能にします。

MODOでは、3DCADの各種形式「、Parasolid (.x_t と .x_b)、IGES (.igs と .iges)、STEP (.stp と .step)、SAT (ACIS)、Rhino (.3dm)」の読み込みが可能となっております。

下の図は、Autodesk社の3DCAD Fusion360にてデータ確認を行ったParasolid形式のデータを、MODOに取り込みポリゴン化し、マテリアル設定を行いレンダリングしたものです。

製品化前に、設計データからリアルなビジュアライゼーションによる形状等の確認をご提案しております。